トップへもどる

第3回入賞作品


応募総数1,078作品から、第1次選考・第2次選考・最終選考を経て、 大賞1作品・入賞3作品が決定いたしました。
たくさんの素晴らしい作品をお送りいただき、誠にありがとうございました。
 
be絵本大賞事務局
 


入賞 秋元康さん 選 「いろんなお面」加納 果林/Karin Kano

いろんなお面
STORY
いろんなおめん。それはキャベツだったりチーズだったり、かみぶくろだったり。
あたたかなタッチで描かれた動物や人物に癒される作品。
選評
秋元 康

他の審査員の先生から「お面をつけていても初めから誰だかわかってしまうよね」と指摘されたのですが、それがまた可愛いじゃないですか。つまり、どんな人も“お面をつけていてもいなくても”、すべてを見られているということですね。深いメッセージのある作品だと思います。(談)

加納 果林/Karin Kano
プロフィール
1983年愛媛県生まれ。東京造形大学彫刻科卒業。
絵画、立体、絵本など制作。
「CalinBell」より絵本などオリジナルグッズを展開。主な絵本に「もりのじゅうたん」「ぞうのたまご」(CalinBell)「きみがおしえてくれた。」(新日本出版社)など。

受賞コメント
この度はすばらしい賞をいただきありがとうございます。
この絵本は、赤ちゃんとも一緒に読めてコミュニケーションできるような、シンプルで楽しいものになるように作りました。また、動物を描く事が大好きなので、思い切り動物を描こうと思いました。
身近にある色々なものを「おめん」にしたので、実際に家族やお友達とおめんを作って遊んでもらえたら嬉しいです。これからも、小さな生活の一コマからヒントをもらって、ひとつひとつに心をこめた作品づくりをしたいと思っています。