プログラミングワークショップ

(ビスケット&スクラッチ)

福くん・花音ちゃんとゲームをつくろう!

現代の私たちはコンピューターで制御されたものに囲まれた生活をしています。子ども達が大人になる頃には今以上に人とコンピューターの関わりが強くなり、プログラミングに関する知識や体験の有無が社会適応力の違いになってきます。

 

政府も2020年から小学校にプログラミング教育を導入すると発表した現在、子ども達に楽しみながらプログラミングを体験してもらえるよう、ワークショップを企画しました。福くん、花音ちゃんと一緒にゲームつくりを通してプログラミング体験をしてみませんか?

原田康徳博士(はらだ やすのり)

デジタルポケット代表。ビスケット開発者。博士(工学)。ワークショップデザイナー。北海道大学大学院情報工学専攻博士後期課程修了。NTT基礎研究所、NTTコミュニケーション科学基礎研究所、JSTさきがけ研究員を経て、IPA未踏プロジェクトマネージャ兼務など。合同会社デジタルポケット設立。

 

竹林暁(たけばやし あきら)

ICT/プログラミングスクールTENTOの共同創立者・代表。長野県木曽郡出身。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻にて認知言語学を学ぶ。2011年にTENTOを創業し、黎明期から子ども向けのプログラミング教育の現場に携わる。TENTOでは、子どもたちが楽しんでプログラミングを学習できることを一貫して目指している。

ビスケット スクラッチ

自分で描いた絵でアニメーションやゲームが作れるビジュアルプログラミング言語です。タブレットを使用し、キーボード入力やマウス操作がありませんので、未就学のお子様でも楽しくプログラミング体験をすることができます。

ブロックを組み合わせることで、キャラクターを操作、制御することができるプログラミング言語学習環境です。欧米の小学校の約半数で採用されていたり、NHKのEテレで教育用の番組が始まるなど、プログラミンング学習教材のスタンダード候補として注目されています。

 開 催 概 要

【日時2016年9月25日(日)

    ビスケット 11:00開始 / 12:30終了(予定)

    スクラッチ 14:00開始 / 15:30終了(予定)

会場湾岸スタジオ 多目的ホール

講師原田康徳博士(ビスケット) 竹林暁(スクラッチ)

対象ビスケット:年長

    スクラッチ:小学生

    ※ビスケット、スクラッチとも未経験者向けの内容です。

    ※スクラッチは、マウス操作、キーボード入力ができる方が対象です。

    ※スクラッチ受講者には教材として使用する

     「小学生からはじめるわくわくプログラミング」

     (税込:2,025円)をプレゼントいたしますのでたいへんお得です!

 

定員各回20名

参加受付受付は終了しました。

 

詳細連絡参加費のお振込確認後、順次メールにてご案内します。

注意事項】必ず保護者の方がご同伴ください。

      会場の都合上、保護者の方はお子さま1名につき、原則1名にてお願いします。

現代の私たちはコンピューターで制御されたものに囲まれた生活をしています。子ども達が大人になる頃には今以上に人とコンピューターの関わりが強くなり、プログラミングに関する知識や体験の有無が社会適応力の違いになってきます。

政府も2020年から小学校にプログラミング教育を導入すると発表した現在、子ども達に楽しみながらプログラミングを体験してもらえるよう、ワークショップを企画しました。福くん、花音ちゃんと一緒にゲームつくりを通してプログラミング体験をしてみませんか?

ビスケット
スクラッチ

開 催 概 要

【日時】2016年9月25日(日)

    ビスケット 11:00開始 / 12:30終了(予定)

    スクラッチ 14:00開始 / 15:30終了(予定)

会場】湾岸スタジオ 多目的ホール

講師】原田康徳博士(ビスケット)竹林暁(スクラッチ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対象】ビスケット:年長 スクラッチ:小学生

※ビスケット、スクラッチとも未経験者向けの内容です。

※スクラッチは、マウス操作、キーボード入力ができる方が対象です。

※スクラッチ受講者には教材として使用する「小学生からはじめるわくわくプログラミング」(税込:2,025円)をプレゼントいたしますのでたいへんお得です!

 

 

 

 

 

 

 

 

定員】各回20名

参加受付】受付は終了しました。

 

詳細連絡】参加費のお振込確認後、順次メールにてご案内します。

注意事項】

・必ず保護者の方がご同伴ください。

・会場の都合上、保護者の方はお子さま1名につき、原則1名にてお願いします。

原田康徳博士(はらだ やすのり)

デジタルポケット代表。ビスケット開発者。博士(工学)。ワークショップデザイナー。北海道大学大学院情報工学専攻博士後期課程修了。NTT基礎研究所、NTTコミュニケーション科学基礎研究所、JSTさきがけ研究員を経て、IPA未踏プロジェクトマネージャ兼務など。合同会社デジタルポケット設立。

 

 

竹林暁(たけばやし あきら)

ICT/プログラミングスクールTENTOの共同創立者・代表。長野県木曽郡出身。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻にて認知言語学を学ぶ。2011年にTENTOを創業し、黎明期から子ども向けのプログラミング教育の現場に携わる。TENTOでは、子どもたちが楽しんでプログラミングを学習できることを一貫して目指している。

これまでのプログラミングワークショップ レポートはコチラ
ビスケット
スクラッチ
これまでのプログラミングワークショップ レポートはコチラ